2015年6月24日(更新日:2020/05/14)

【失敗談】100均のミニヒマワリのタネをまいて失敗した話

植物分類:ヒマワリ ,

 過程:種まき・植付け

 栽培方法:地植え

 場所:

 日当たり:日なた

【失敗談】100均のミニヒマワリのタネをまいて失敗した話

こちらの記事は失敗談です。こうすると失敗する!と思ってお読みください。

ひまわりの大事な事

  • 日当たり大事
  • 肥料大事

基本的に種のパッケージに書いてあるとおりに種は蒔きましょう。
4月〜6月に蒔き、開花は6月〜8月頃です。

ベランダ等地植えができない場合は、ミニひまわりがオススメです。

サカタのミニひまわりのタネが15粒しか入ってなかったので、
100均でも再度購入。

300円近くして15粒でしたので
100均のひまわりの種もたいして入ってないだろうということで二袋購入。
ちなみにダイソー100均のタネは2個で100円。
裏表紙には1mlと記載されていました。

IMGP7083
そして、12粒入っていました。
サカタのタネと違い不揃いです。

IMGP7085
二袋目は10粒でした。大きいタネが入っていますね。

IMGP7087
背が高くなることを予想して、壁際の地植えゾーンに一直線に植えました。
※背が高くなれば日当たりはよいですが、高くなるまではかならり日当たりは悪い場所です。

IMGP7088 IMGP7089
果たしてどれくらい発芽するか・・・

【後日談】
ひまわりは、日当たり特等席でないとうまく発芽、成長しません。
写真の場所はNGです!ナメクジ等の虫にもすぐやられ、大失敗いたしました

ヒマワリの成長記録を見る

過去の同日記事

2015.6.24

2015.6.24

2015.6.24

2015.6.24

2007.6.24