2015年5月19日(更新日:2015/05/19)

去勢の話とけもの道

 過程:世話・観察

 動物分類:哺乳類 >

昨日の話。
朝、起きてすぐ子猫を見てるとおじさんがのぞいてきた。
あ、野良猫に関して何か言われるのでは!

とドキドキしていたら
「子猫飼ってるの?」

「いえ。」

「そっか、この母猫うちに毎日
三食食べにきてる。家の中にも入る

子猫が大きくなって外に出られるようになったら
保健所連れて行って」

(ん?)

「全員去勢するから。家族のものみんなでそう話してきめたから。
おっちゃんちこの道の先だから今度話しにおいで〜」

と。

ご飯与えるだけじゃなく、ちゃんとその先考えられていてほっとした。

と、同時に、うちも半分ださなきゃなーやら、
その先の門のある家。

予想はつくけど、
普通に訪ねればいいのか?

ご近所さんとつながるのってあまりないので
不思議な感じ。

image

今朝のネコ

 

image

image

あ、起こしてごめん。

 

image

右奥に細い道があって、
けもの道。と呼ぶ。←

image

最近の子猫達はここであそんだり、塀に登ったり。

 

 

image

メインのベランダ

 

 

image

ここを通れないように塞いである。
もともとはうさぎのむーさんが通って奥の穴まだ入って探した事もあり塞いだもの。

カエルくんもたまに通せんぼされて困ってる。

子猫達は塀登れるから私がいない間は来たりしてるのかしらねぇ

 

そうそう、おっちゃんが
「こいつ(母猫)がオレを案内するんだよ。でここみたら
ダンボールの中で子猫寝ててさ。
そっか、ここに子猫いたのかって」
っとも話してた。

ネコが道案内するって話初めてじゃないので不思議じゃなかった。

過去の同日記事

2015.5.19

2015.5.19

2016.5.19

2015.5.19

2016.5.19

2016.5.19

2016.5.19

2016.5.19