マツバボタン

科名

スイレン科

スベリヒユ科

属名 スベリヒユ属
学名 Portulaca grandiflora
和名 ホロビンソウ(不亡草)
別名
水やり
日当たり
形態
難易度(5段階)
発芽適温
生育適温
原産地 南アメリカ
耐寒性
耐暑性

概要 -Summary-

葉は多肉で、高温と乾燥に対して非常に強い。世話のほとんど不要なくらい丈夫である。種子は非常に細かく、こぼれ種でもよく繁殖する。開花期は6~9月頃。美しい花を観賞するためによく栽培される。花弁の色は白、黄、赤、オレンジ、ピンクなどで、八重咲きの品種も作出されている。
マツバギクと名前が似ているが、マツバギクは同目別科のツルナ科の植物である。
<a href="http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%84%E3%83%90%E3%83%9C%E3%82%BF%E3%83%B3">wikipediaより</a>

育て方 -method of raising-

水やり詳細
肥料
病気と害虫
用土
植付、植替
増やし方
その他

memo

知恵袋での質問(スベリヒユ科)から

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です